SIDEBAR
»
S
I
D
E
B
A
R
«
太陽光発電の課題は低コスト化
7月 22nd, 2013 by admin

太陽光発電の技術発展によって、低コスト化が進んでいます。

例えば、太陽電池部分であるセルを薄く延ばす事によって、低コスト化に成功したのですが、この技術は、私達の身近にある時計の電池や電卓の技術などに利用されております。

しかし、この技術は著しく発電効率を下げてしまうために、時計や電卓の様な単純なシステムには利用できますが、しっかりとした発電量を得たい場合には向いていません。

ですが、電卓などを見て頂ければわかると思いますが、従来のセルの100分の1まで薄さが可能だという事で、凡庸性は高いといえます。

さらに、太陽光発電の一番の問題はコストだと言われていますので、コストを大幅にカットできる様になったのは、大きな躍進だといえます。

いくら、コストが低くても発電量が上がらなければ実用的ではありませんし、逆に、発電量が高くてもコストが高すぎれば中々手が出しづらくなっていまいます。

これからは、太陽光発電を開発してくうえで、コストと発電量のバランスを取る事が大切になってくると思います。

そして、現在開発中の新素材は、低コストで高い発電量を得る事が出来るそうなので、もしも、実用化されれば太陽光発電の追い風になる事は間違いありません。


Comments are closed

»  Substance:WordPress   »  Style:Ahren Ahimsa